Original works

CREATIVE FILE

FILE #2

 

広告デザイン・ブランディングEXPO2019初出展

 

体験し体感することでデザインに活かされる
創業97年目にはじめてのEXPO出展



弘春堂として、はじめての経験となる2019年4月、
「広告デザイン・ブランディングEXPO2019」に出展しました。
出展にあたり名古屋と東京のスタッフで協力し、
社内一丸となって取り組んだ事例をご紹介します。

弊社は名古屋、東京を拠点とする、創立97年目を迎える
制作会社の中では歴史ある会社の1つです。
日々、業種業態問わず様々な案件が多く進行し
年間、何百という案件数をこなす中で感じていたクライアントニーズの多様化や
それに呼応したIT系ツールの進化、働き方改革などの社会変化に、
弘春堂らしくより柔軟に対応していくため、2018年のEXPOを視察し会社承認後、
新たなプロジェクト“EXPO初出展”に向けて始動ました。


名古屋ー東京間でシームレスな連携を可能に
最も重要な工程はコンセプト策定と具体的な目標設定

展示会を経験しているスタッフもいましたが、多くのスタッフは未経験でした。
主にデザイン業務を担当しているスタッフでプロジェクトチームを発足し、
毎週のように社内TVミーティングを重ね、下記の工程で進行するように
約1年間の大まかなプランニングを計画しました。

1 プロジェクトチーム発足
2 テーマ・コンセプト・目標設定
3 ブースをはじめ、各ツールのデザイン制作(社内コンペ)
4 各種運営マニュアル作成
5 施工準備・開催

既存の案件と同じように、最も重要な工程であるコンセプト策定と
目標設定に取り掛かりました。
今回のテーマである「すべてのひとへ夢と感動を」と
テーマキーワード「100年企業」を決めるまでには約半年間にわたり
経営陣も含めてプレゼンや議論を重ねました。

97年で培った信頼・技術を活かし、今の自社の強みや特長をどのように
ブース内で表現するか?を理解し、デザインをするために会社沿革を調べたり、
社長へのヒアリングを実施するなど、改めて弘春堂を知る
とてもいい機会になりました。

その内容を名古屋-東京のスタッフで共有し、
様々なデザインスキルを持ったスタッフがアイデアを出し合い、
充実したミーティングを幾度となく実施できたことは
これまでにはない社内の活性化につながり、成功への大きな糧となりました。

file03_text_image

約100年の信頼と実績を理解し、
弘春堂の強みをよりわかりやすく具現化し、デザインへ

名古屋と東京ではニーズや企業規模にも差があり、
お互いの実績やスタッフの経験をもとに、それぞれの地域の特長を活かし、
ブースのデザインをはじめ、ビジョンブックや各種ツールを
デザインしていきました。

コーポレートカラーをベースにした真っ赤なブースは会場で視認性が高く、
弘春堂の強みをイラスト化して、ひと目で分かるように訴求することで
集客に貢献していました。
また、それぞれのスタッフ直筆の名前が入る名刺は
オリジナリティが高くお客様から高評価をいただきました。
ノベルティとして配布したラムネも強烈なインパクトがあり
幅広い世代の来場者様へ大きなアピールとなっていました。

デザインだけでなく、多くの企業の制作業務を支援している
弘春堂ならではの実績集のデジタル化や独自の進行管理、トーク集、
各種対応マニュアルの制作をはじめ、お客様情報の管理やカテゴリー分け、
選定方法なども自分たちで策定した上で、シミュレーションも何度も行い、
当日の開催日までしっかりと準備していきました。
各工程で社内決裁をとるには苦労することもありましたが、
大きなプロジェクトだからこその達成感・高揚感がありました。


1年間の努力が実を結んだ充実と満足の3日間
そして、次の100年へ向けて

当日のブースでは準備してきたことが各個人で活かされ、
フタッフ同士もとてもうまく連携でき、来場者様へ対応することができました。
予想を超える企業様の来場により、お会いできなかった皆様は
また次回の機会を心待ちにしています。3日間で1,000社以上もの企業様と
つながることができ大成功という結果になりました。

現在、おかげさまで新規のお客様を含め、既存のお客様からも多くの案件を
ご相談いただき、深く感謝していると同時に、改めて感じていることは
日々の業務の中でお客様から学び、そして、デザインとしてアウトプットし、
さらにフィードバックやヒアリングを続けていくことが
また新しい案件につながると実感しています。

更新が遅くなってしまいましたが、弊社ブースに来場いただいた皆様へ、
あらためまして御礼申し上げます。
今後も弘春堂は“すべてのひとへ夢と感動を”実感いただけるよう
お客様とともに成長し続けていきますのでよろしくお願いいたします。


 


 

実行委員

 

HISAYA KAWASE

川瀬 久弥 : Art Director

SHINSUKE ITO

伊藤 信介 : Designer

TAKESHI MATSUMOTO

松本 武士 : Designer

ISAMU FUJIMOTO

藤本 勇 : Manager

MITSUHIRO HASEGAWA

長谷川 光洋 : Director

YASUMICHI ITO

伊藤 泰道 : Designer_Director

TATSUYA NISHIYAMA

西山 達也 : Sales

SHOGO HIBINO

日比野 将吾 : Sales